忍者ブログ
ダメ海月雨丘の無駄にダラダラ毎日日記。 人形好きの気分屋ですが、楽しんでいってくれたら幸いです。
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


はいなこばんわわん。肘擦り剥きました。上総です。

昨日バトンを消費すると宣言したのですが、今日仲間内で異様にミハイさんブームが起きたので、ブームに乗ってみようと思います(何)
コル!ニモ!そしてジョリー!!
僕ぁやったよ!本当に!!(笑)





涙「あの、メガネ…」

ミハイ「ん?何かな?」

涙「いや、ですから…あの…」

ミハイ「ん?(ニッコリ)」

涙「……何でもありません…」

はーいはいはい。
初対面のミハイさんと涙氏で御座います。
…って目を離したら何て事に…!!

涙「あ、その声はオーナー様でございますか?」

あー…うん。そうよー。
てかウチのプリプに『オーナー』って言われるの初めてで何か新鮮(笑)
でも声で判断って、涙ってそんな目ぇ悪いん?

涙「えぇ。実は恥ずかしながら、メガネを外すと殆ど見えないんで…」

うわぁ…それは大変だねぇ…。
なぁミハイさんよ、そんな訳だからそれ返してやっておくれや。
つーか初対面のヤツにそんな事すんな。

ミハイ「ふふふ…。私がそう素直に返すと思うかい?」

…いや、思わない。
だってお前さん、めちゃくちゃ楽しそうな顔してるもん。
でもね、メガネ装備者からメガネ奪うと本当に見えないのよ。
むちゃくちゃ大変なの。解る?

涙「そうですよね。オーナー様もメガネをお持ちでおいでですか?」

そうさ!僕ぁ根っからのメガネユーザーさ!!
銀縁の角メガネ。普段はコンタクトだけどね。

ミハイ「ふむ。目が見えないというのは、どういう気分だい?」

涙「まず、人の顔が判別出来ませんね」

相当近くまで来れば判るけど、距離があるとただの肌色の塊だよね。

涙「アレは非常に困ります。知っている方なら声や雰囲気で何となく判るのですが…」

初対面や大勢の中だともう無理だね。
そして見えないって言うのはすごい不安な感じがするんだよ。

ミハイ「ほう…?見えないという事はそんな不安感を誘うものなのか…。いやぁ面白いねぇ」

いやいや、何も面白くないですよミハイさん。

涙「あの…そろそろ返して頂けませんか?私めのソレ…」

ミハイ「うん?返して欲しいかい?」

涙「はい。出来ればすぐに」

ミハイ「そうだねぇ…でもただ返すのはつまらないから、私とひと勝負しようじゃないか(立ち上がり)」

涙「あ!ちょっと、どこに行かれるおつもりですか?!」

ミハイ「ははは。心配する事はないさ。邪魔者が入らないよう、ちょっと場所を移動するだけで……うん?」

涙「ちょっ…移動って…今私めは目が見えなくてですね…!」

か……
壁に向かって話しとる…(笑)


ミハイ「あそこまで酷いとは…。っははははは!でも面白い子だねぇ(笑)」


連れてくならちゃんと連れてってやれよ?
でないと色んな物壊して歩きそうだからな!
では今回は上総と。

ミハイ「私、ミハイと」

涙「え?あッ…サメ様お付の私め、涙翡がお相手させて頂きました」

では皆様、良い夜を……。



ミハイと涙の勝負の様子が見たい方は、続きをどうぞ。
※少し邪フィルターが掛かっている模様なので、苦手な方はご遠慮下さい。






涙「メガネ」

ミハイ「根暗」

涙「…乱暴者」

ミハイ「…罵り合いか?」

こそこそ(何となく覗きに来たけど…何じゃこの勝負は?)

涙「…関係ないですよ」

ミハイ「よく言うねぇ」

涙「え…え…ええじゃないですか」

キリ「Σ何だ今の?!」

(Σばっかお前…!!ちょっとこっち来い!!!)

キリ「(なっ?!何なんだアレ?!今変なの聞こえたぞ?!)」

(ミハイと涙が何か勝負中なんだよ!面白そうだからこっそり見るか?)

キリ「(おぉ!何か気になる組み合わせだな!よし!俺も見るか!)」

ミハイ「カッコ付けても無駄だよ」

涙「…余計なお世話です」

ミハイ「少しは素直になったらどうだい?」

キリ「(…で、コレって何の勝負なんだ?)」

(ミハイが涙のメガネを取って、返して欲しくば勝負しろ。って事らしいんだけど…何勝負なんだ?)

キリ「(Σ判ってねぇのかよ?!)」

涙「いい加減にしてくださいよ」

ミハイ「良く喋る口だねぇ…」

涙「…え?何か言いました?」

ミハイ「ただ本当の事を言っただけだよ」

(…何か、ミハイが話す言葉全てが卑猥に聞こえるわ…)

キリ「(性格が出てんじゃねぇ?つーかさ、もしかしてコレって…)」

露「あれー?兄さん達何してるの?」

キリ「(Σでぇ?!露!!)」

(露ちゃん!ここ居て良いから静かにしてて!!)

露「(え?何?何ですか??)」

涙「よ…余裕ですか」

ミハイ「噛み付いたりした方が良いかい?」

涙「いいです」

ミハイ「…素直じゃないな」

涙「何なんですか貴方は」

ミハイ「ははは。ただの快楽主義者さ」

涙「さ…差し詰めこれはお遊びですよね」

ミハイ「寝てしまうにはまだ早いだろう?」

(なぁキリ、これってやっぱり…)

キリ「(あぁ、多分アレだな。紛らわしいけど)」

露「(ミハイさん、涙さんとお話楽しそうですね~)」

(いや、アレは完全に涙苛めて楽しんでるよ)

キリ「(同感)」

涙「う…うるさいですよ」

ミハイ「よっぽど君は眠りたいと見えるな」

涙「…何とでも思ってください」

ミハイ「良いのかい?そう思っても」

涙「もう…どうにでもなれっ…!」

ミハイ「冷静に判断した方が良いかな」

涙「な…何をだ…?」

キリ「(おぉっと~?大分涙翡は追い詰められたか?)」

露「(いつもの涙さんじゃないみたいです…)」

(口調が乱れてきたね。あ、サメ、アンタも来たの)

サメ「(何なのだ?何か皆で見ているのか?俺も混ざるぞ!!)」

(んじゃ静かにね)

ミハイ「大丈夫だ。怖くない」

涙「い…言ってる意味が判らん…のだけど」

ミハイ「どうしてこう頑固なんだかね」

涙「ね…ね…猫背になってるぞ」

ミハイ「増大するその不安は隠しきれないものだな」

涙「な………何を考えている…?」

サメ「(何だ?どういうことだ?)」

露「(あ!僕わかった!)」

キリ「(何かもうここまで来るとすげぇ…)」

(良く出来るなぁ…。あ、何かミハイが真顔になった)

ミハイ「…涙翡」

涙「ひ…っぱって行く」

ミハイ「狂おしいほどお前を愛している…

涙「……Σはァ?!

Σちょっと待てェェェェ!!!

キリ「何を―――!!?

露「兄さんうるさい!(ゴスッ)」

ミハイ「(ニヤリ)掛かったな」

涙「…あ……!!」

ミハイ「ははは!では約束通り、コレは暫く預かって置くよ。いやぁ面白かった」

涙「いや!ちょ…困ります!私めはソレがないと…!」

サメ「ふむ。ミハイにメガネを取られたな、ルー」

涙「あ、サメ様で御座いますか…。申し訳有りません、何と申し上げたら良いか…」

サメ「丁度良い機会だ、メガネが戻るまで暫く休むと良い。俺のそばにいれば大丈夫だろう」

涙「サメ様…」

露「もう!兄さんったらしっかりしてよね!(ずるずるずる)」

キリ「(気絶)」




何だったんだこの勝負…。
結局ミハイが楽しんだだけじゃないか!!

ミハイ「ふふふ…。今宵は久しぶりに楽しめたし、良い夜になりそうだねぇ…。では皆様の方も良い夜で有りますように……」





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メロの箱庭
雨ニ唄ウ島

雫詩(ナウタ)といいます。
何を考えているのか、いつもサッパリ。

シロムシクイの霖(ナガアメ)が加わりました。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
雨丘 冴
HP:
性別:
女性
職業:
只今充電期間中
自己紹介:
寝ることと人形が大好きなダメ海月。
興味の有る無しで行動が決まってくる。
ダメ人間万歳。
最新コメント
(07/15)
(07/15)
(07/14)
(04/04)
(04/04)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ * [PR]